TOP > レーザー脱毛と自己処理の併用も

レーザー脱毛と自己処理の併用も

脱毛と言えば、美容クリニックやエステサロンでの施術が有名ですが、ムダ毛のない女性のすべてがこうした専門機関で施術を受けているわけではありません。昔に比べると安くなったとはいえ、手頃とまでは言えませんし、定期的に通う必要があり、面倒だと感じる人も多いでしょう。


長期的にムダ毛をなくしたい、というのであれば、レーザー脱毛が一番ですが、全身となると大変なのも事実です。ワキやうなじなど、部分的に施術を受け、手足は自己処理、というように、使い分けることもできます。レーザーによる施術に慣れてきたら、範囲を広げていくのも良いでしょう。

自己処理の方法で最も主流なのはカミソリでしょう。

大阪の全身脱毛の分かりやすい情報はこちらです。

女性用のシェーバーもあり、一度の広範囲を処理できるのがメリットです。

ふくらはぎなど、カーブのある場所でも比較的簡単に処理することができます。

しかし、カミソリの刃は肌の表面を傷つけ、炎症を起こさせる可能性もあります。この方法を使う時は、選ぶシェーバーや、処理の後の保湿などに充分注意しましょう。



月経前後は肌が敏感になっていますので、避けたほうが良いでしょう。

毛抜きを使っての脱毛は、ワキや眉など、少ない面積であれば有効な手段です。



時間はかかりますが、カミソリよりも長期間ツルツルの状態が続きます。最初は少し痛みますが、慣れれば気にならない程度になります。

しかし、強く引っ張り過ぎて毛穴の奥で炎症を起こすことがあります。


毛の方向に沿って、ゆっくりと優しく抜き取るようにしてください。