クレジットカードは申し込みをすれば誰でもすぐに利用できるわけではなく、カードを発行する会社が行う審査に通過しなければ利用できません。


なぜこのような審査を行うかと言うと、クレジットカードは商品やサービスの購入時の代金を前借するような形で即日で欲しい物が入手できるサービスなので支払い日に支払いが出来ないというような信用力のない人間にカードを利用させるわけにはいかないためというのが理由の大部分になります。



そしてクレジットカード会社が申込者の信用力を調査するために利用する組織が個人信用情報機関と呼ばれるものになります。


この個人信用情報機関には金融に関わった人間のこれまでの契約内容や返済の履歴、ローンの支払いの延滞や自己破産経験の有無といったさまざまな情報が5年分遡って記録されています。



クレジットカードの申請を受けたカード発行会社はこの個人信用情報機関で申込者の情報を参照し、これまで履歴を確認するので、過去5年の間に債務整理や自己破産をしていたり、ローンの返済の遅滞や携帯料金の滞納などの返済事故などの記録があるいわゆるブラックな経歴を持っている方はクレジットカードの審査に通りづらくなります。


自身の情報がブラックとして扱われているかどうかはそれぞれの個人信用情報機関に対して問い合わせを行えば確認ができるので、過去5年の間にブラック入りする可能性がある経歴を持っている場合は確認してみると良いでしょう。