クレジットカードは誰でも作れるというものではなく審査が行われ、その審査を通過する事ができればカードを作る事が出来ます。
だから中には申し込みをしても審査を通過する事が出来ずに落ちてしまいカードを作れない人もいます。

それではどういう人が審査に落ちてしまうのか、落ちてしまう理由についてをいくつか紹介します。

まず、情報を正しく提出する事が大事であり、虚偽情報を伝えた場合だとバレた場合に審査落ちしてしまいます。特にやましい事が無い人ならばわざわざそのような事をしないかもしれないですが、中には年収や勤務先の情報などを本当の事を伝えたくないからと嘘の情報を提出する人もいます。
そのウソがばれてしまえば審査で落とされてしまうのは当然の事です。

職業による審査の通りやすさの違いもあり、無職である人も審査を通過するのは難しいと考えておくべきです。

クレジットカードは後でカード会社にお金を払わなければならないので、その支払い能力が無い可能性が高いからです。



フリーターやパートなども正社員と比べると不利になる要素となりますが、対応可能である限りはそれだけが理由で落とされるという事はないです。



逆に有利なのは大手企業に勤めていたり公務員であるといったように、安定して勤められる可能性の高い職業に就いている場合となります。


電話番号は固定電話と携帯電話であれば固定電話の方が有利、居住は賃貸住宅よりも持ち家の方が良い、などと言った事も挙げる事ができます。



ここで述べた事は一つでも問題があればダメであるというものばかりではなく、ここで述べた条件では問題が無くても他の点で問題が発覚して審査落ちしてしまう事もあり、あくまでもクレジットカードの審査で落ちる理由となり得る事の一部に過ぎないです。

どのカードに申込むのかによっても審査基準は変わってくるので、申し込んでみないと分からない部分もあります。