クレジットカードは、上手に使うことによって本来ポイントがつかない支払いにもポイントの還元を受けることが可能で、支払金額が大きければ大きいほどその恩恵も大きくなります。最近は公共料金もほとんどのサービスでクレジット払いが可能ですので、コンビニ払いや銀行引き落としにしている方は、クレジット払いにしたほうがお得です。



各種税金も、インターネット支払いができるサービスもありますが、手数料がかかりますので電子マネーにチャージして払うことで、チャージの際にカードのポイントが付きますので、大変お得です。
一般的に税金の支払いには割引がありませんが、クレジットカードから電子マネーにチャージし、その電子マネーで支払うことでカードの還元分の割引が適用になっているのと同じですので、現金で支払うよりお得です。



又、年会費が有料のカードを使っている場合は、年間の利用金額に合わせて年会費が無料になったり、実質無料に近いほど減免されることがあります。



そのため、年会費がかかる還元率の高いカードを使っている場合は、もろもろの支払いはすべてクレジットカードにまとめてしまったほうがお得です。

電子マネーにチャージした時にポイントが貯まるカードとそうでないカードがありますので、事前にWEBサイトなどで自分の持っているカードはポイントが貯まる科の確認が必要です。


普段あまり買い物にカードを使わない方でも、公共料金の支払いをカード払いにするだけで、驚くほどポイントを貯めることができます。